<ててログ>アラサーLGBTの暮らしと情報発信

セクマイ、LGBTに関することや同性パートナーとの暮らしなど綴ります

「SOGI」ってなに?知ってますか?

こんにちは、ててです。

 

皆さん「SOGI」という言葉を知っていますか?

私はつい最近まで知りませんでした。

セクシャルマイノリティーの人たちだけでなく、全ての人に関係のある言葉なので知っておいて損はないと思います。

 

前回の記事LGBTという言葉には、LGBT以外のセクマイの人たちは含まれないという話しをしました。

一般に浸透してきてはいるけど、使われ方が正確ではないし様々なセクシャリティが存在する中でその全てを網羅出来ていないわけです。

便利なようで不便な言葉です。

 

そこで!SOGIという言葉の登場ですよ。

一緒に勉強していきましょう!

 

 

SOGIとは?

SOGI(ソギ、ソジ)は、Sexual Orientation & Gender Identityの頭文字を取ったアクロニムである。日本語では性的指向性同一性などと訳される。

性的指向や性同一性は、すべての人に関わることからLGBTよりも広い概念を指す。「LGBT/SOGI」のようにLGBTと併記して使用されることも多い。

 出典 Wikipedia

 

読み方

ソギでもソジでもどちらでもいいようです。エスオージーアイでも。

私はソジ派かな。

 

意味

日本語で「性的指向と性同一性」のこと。

分かるようで分かりにくいですね!

分かりやすく解説します。

 

性的指向

まずは「性的指向」について

これは、「自分の恋愛対象がどの方向に向いてるのか」という概念です。

男性を好きになるのか、女性を好きになるのか、好きになる相手の性別は気にしないのかなど、「対象」がどこに向いているか。

LGBTでいうところの「LGB」の部分。

私の場合、あえて端的に言葉にするなら「レズビアン寄りのバイ」です。

 

性同一性

次に「性同一性」について。

「自分で自分の性をどう自覚しているか」ということ。

女性だと思っているのか男性だと思っているのか、あるいは、そのどちらでもあるのか、どちらでもないのか。

生まれ持った身体の性別ではなく、自分で自分をどう感じているかが鍵です。

 

ちなみに、私は女性の身体で生まれて来ました。

男になりたいとは思わないので、そういう意味では女性だと思いますが中性の方がしっくり来る感じはあります。

胸を張って「女性です!」とは言いたくない感じ。

 

たまに「胸ってなくていい」と思うことがありますし、基本メイクはしないし(ただのズボラ?)どちらかというとボーイッシュな服を好みます。

普段スカートを履くことはないですが、履くことに抵抗はありませんしたまにメイクもしてスカートやワンピースを履くのも気分が変わって楽しいです(どちらかというとコスプレ的な感覚かもしれませんが)

一番の理想は「性別を超えた存在になりたい」です。

なので第二次性徴が始まる前の子供ってある意味憧れますし、あの頃の身体に戻れたらな〜とふと思ったりもします。

こういう性自認の部分は、私の場合年齢と共に変化がありました。詳しくはまたいずれ書いていこうと思います。

 

LGBTとSOGIの違い

もうお気づきかもしれませんが、SOGIの方が概念がめちゃくちゃ広いわけです。

要は、セクシャリティ全てを指しているからです。性的少数派も多数派も全て含まれるわけですね。

その点「LGBT」は3つの性的指向(LGB)と1つの性同一性(T)しか表現できません。

 

言葉の使い方

例えば「私はLGBTです」という使い方は出来ますし文法的に合ってますが

「私はSOGIです」という使い方はおかしい。

「私のSOGIはビアンで女性です」「あなたのSOGIについて聞かせて?」これなら合ってます。

でも、SOGIという言葉はまだ浸透していないので実生活で使うシーンはおそらくほとんどないと思います。

LGBTに関するイベントや記事で目にすることはあるかもしれませんね。

 

まとめ

「SOGI」という言葉を知っていたら、LGBTやセクマイに対してとても精通しているなぁという印象です。

それと同時に知らずのうちに相手を傷つけるというようなことも少なくなると思います。

様々な性があり、それが見えるようになってきた今の時代SOGIという言葉は必要性の高い言葉です。

これからもっと使われるようになることを願います。

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村